スズキワゴンR修理

スズキ ワゴンR トルコン太郎 CVTF圧送交換

スズキ ワゴンRスティングレー トルコン太郎 ATF圧送交換のご依頼にてご入庫です

 

お車は10万キロ走行で、新車時から乗っており交換したいとご用命頂きました

まずはお客様のご依頼でATF・CVTF異常摩耗診断「コンタミチェック」から行います

 

これまでは10万キロ超えてるから・・・とかATFが真っ黒だから・・・という理由でATF交換

を断られてしまってお客様も多いかと思いますが、コンタミチェックを行えばそういった不透明な

診断ではなく、レベル化された正確な診断が可能になります

 

コンタミチェックでも問題ありませんでしたので、トルコン太郎を接続して交換作業を進めていきます

今回はストレーナー(フィルター)も同時に交換しますので、圧送交換の前にこちらを

進めていきます

交換はオイルパンと呼ばれるミッション一番下側のカバーを外して中にあるストレーナー

を交換します

ストレーナーの新旧を比較するとCVT内部の汚れは一目瞭然!

古い方は黒に見えますが元は新品と同じシルバーです

黒く見えるのは全てCVTF内のダストやスラッジ等の汚れでコーティング

された状態だからです・・・!

ストレーナーを交換、CVT内部も可能な限り汚れを落としていきます

外したオイルパンも当然同じように汚れが付着しています

こちらも綺麗に洗浄してから組み付けていきます

今回はお客様とご相談の結果、WAKO’S CVTセーフティSを全量交換で1回

続いてWAKO’S CVTプレミアムSで全量交換で仕上げます

プレミアムスペックは100%科学合成 WAKO’Sの最高峰モデルです

まずは1回目の圧送交換工程から!全量を一気に交換していきます

トルコン太郎は車両側のオイルポンプを使用して吐出されたオイルを回収、

同量をトルコン太郎側から戻す事で車に負荷を掛けず、高効率な交換が可能になります

ここで1回目の圧送が完了

左が新油、真ん中が初めの状態の比較用オイル、右が圧送交換を終え

現在実際にCVT内を巡っているオイルになります

そのまま2回目の圧送交換に移ります

様子を見てても一気に綺麗になっているので気持ちいい一瞬です笑

先ほどの比較と比べても一目瞭然!

セーフティSの赤みが多少残りますが、透明度とも新油と遜色ないレベル

まで復活しました

勿論これまでのオイルとは雲泥のさですね!

 

オイルレベル調整が終われば作業完了!

漏れのチェックや最終仕上げを行いご返車させて頂きました

 

 

【オフィシャルYouTubeチャンネル】

YouTube player

小林モータースちゃんねる

☆☆☆ぜひチェック・チャンネル登録お願いします!☆☆☆

 

【Official site】

【小林モータースOfficial site】松戸市の自動車修理工場

 

【小林モータースの車検】国産車・輸入車の車検もお待ちしています

 

【小林モータースの修理】ドレスアップから重整備まで何でもお待ちしています

 

【トルコン太郎 ATF圧送交換「極」】トルコン太郎を使ったATF圧送交換はコチラから!

 

【一緒に働こう!リクルートサイト】←スタッフ超募集中☆

 

【SNSリンク】

YouTube

TikTok

Instagram

Facebook

 

【店舗情報】☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・社外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

 

  小林モータース株式会社
  047-387-0398
  千葉県松戸市五香2-3-2
  9:00~19:00 水曜定休

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


修理
コバモのお勧めメニュー
点検・診断
車両販売
国産車検
輸入車車検
設備紹介
取扱いブランド
コーティング
ボディリペア
持ち込みパーツ
多彩な修理パーツ
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2022’ kobayashi- motors All Rights Reserved.