HOME > 整備レポート > ニッサン修理 > 日産リバティ修理
 

日産リバティ修理

日産 リバティ CVT 変速しない故障修理

imgp7586

ニッサン リバティ 時々警告灯点灯 CVTが全く変速せず、

ローギアのまま走っている様な状態になるとの修理依頼でご入庫です

症状が出ても少し時間を置いて、エンジンをかけ直すと復帰するとの事です

まずは現象を確認出来なければ始まりませんので、試運転を行い症状を確認します

確かにお客様のおっしゃる通りの症状を確認できましたので、診断を進めます

ピットにてテスター診断機で車両と通信してみると、CVTコンピューターの中に

ステップモーターの異常が入力されていました

ステップモーターは変速のキッカケを作り出すパーツですので症状と合わせて

考えても間違いないでしょう

同じトラブル症状で過去何度が同じ個所の修理も行っているのでリバティの

ウィークポイントですね

取り付け個所はCVTの中ですので少し分解が必要です

imgp7588

車輌リフトアップし、車輌下側からCVTの分解を行います

imgp7595

オイルパンと呼ばれるカバーを外せばCVTの制御部が見えます

imgp7597

写真の赤丸部分が原因のステップモーター

imgp7599

取り外して新しいモーターと交換を行います

imgp7600

オイルパンを外して交換作業を行うので、組み付け時は新品のパッキンに

交換して組み付けていきます

組み付け完了後、新たなCVTオイルを規定量充填します

最後に車両に残っているエラーコードを消去、現象が再発しない事を確認して作業完了です

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
お困りの際は是非ご連絡をお待ちしています

小林モータース
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


リサイクルパーツ
持ち込みパーツ
国産車検
輸入車車検
修理
車両販売
コーティング
ボディリペア
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2019’ kobayashi- motors All Rights Reserved.