スバルレガシィ修理

スバル レガシィ 冷却水漏れ修理 ラジエター交換 OEMパーツ

スバルレガシィ冷却水漏れ修理にてご入庫です

エンジンを止めた後、外に出てるとなにやら甘ーい臭いが漂っています・・・!

冷却水漏れの定番症状ですね!

 

ピットにて診断した所ラジエータ本体から水漏れがしていました

お客様に御見積をご連絡して修理をしていきます

今回は写真赤丸部のラジエータを取り外していきます

まずは冷却水を抜き取り、ステーやらホースを取り外していきます

スバルのラジエターは比較的容易に取り外しが可能!

サクサクッとラジエターも取り外していきます

漏れていたのはラジエターのアッパータンクと呼ばれる黒い樹脂の部分!

ラジエター本体のアミアミの部分(シルバーの箇所)と黒い樹脂の部分は

金属を織り込んでカシメることで形成されています

 

今回はこのカシメの部分から漏れていました・・・!

ラジエターからの漏れであれば大半がこのカシメ部分か、黒い樹脂の部分

が割れる事で起こります

今回はラジエターと同時にホースも交換します

新車の時からついているので硬化していて弾力が無くなっています・・・!

 

劣化したパーツを再利用すると修理後に次に弱い箇所から漏れてくるケース

もあります・・・!かと言って、じゃああれも劣化している。これも劣化している。

と言ってしまうとあっと言う間に冷却水関係のパーツ全て交換。という話になって

しまいますので、プロの目で早い話が「いい感じ」を見極めていく必要があります

新たなラジエターとホースを取付ければOK!

新品の冷却水を補充してエア抜きをすれば作業完了です

最後に再度漏れが無い事を確認してからご返車させて頂きました

 

【オフィシャルYouTubeチャンネル】

小林モータースちゃんねる

☆☆☆ぜひチェック・チャンネル登録お願いします!☆☆☆

 

【Official site】

http://kobayashi-motors.com/

車検の詳細はこちらをチェック!国産車・輸入車お任せ下さい!

修理はコチラから!ドレスアップから重整備まで何でもお待ちしています!

トルコン太郎を使ったATF圧送交換はコチラから!←車種別専用アダプター多数有!

 

【SNSリンク】

YouTube

TikTok

Instagram

Facebook

 

【店舗情報】☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・社外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

 

  小林モータース株式会社
  047-387-0398
  千葉県松戸市五香2-3-2
  9:00~19:00 水曜定休

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 


修理
コバモのお勧めメニュー
点検・診断
車両販売
国産車検
輸入車車検
設備紹介
取扱いブランド
コーティング
ボディリペア
持ち込みパーツ
多彩な修理パーツ
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2022’ kobayashi- motors All Rights Reserved.