HOME > 整備レポート > 輸入車修理 > BenzV350修理
 

BenzV350修理

メルセデス ベンツ V350 W639 ファンベルト異音修理

imgp7915

メルセデスベンツ V350 ファンベルト廻り異音にてご入庫です

お車はエンジンの回転数に合わせてギャーギャーと異音がします

指向性のある特殊な集音マイクを使って診断するとどうやらファンベルト周り、

特に冷却水を循環させているウォーターポンプから出ているようです

しかし、それだけでは証拠不十分ですので、実際にファンベルトを外して

プーリーを手で回しながら確認していきます

すろと、やはりウォーターポンプがロック寸前です 手で回す事が出来ないほど

ベアリングが焼き付きを起こしています

これで原因が確定しました

ウォーターポンプがロックしてしまうと、ベルトが切断したり、場合によって巻き込んで

エンジンがロックしてしまったりと二次被害が出やす故障です

imgp7917

早速お客様にご連絡、ご承諾を頂き 修理に取り掛かります

V350の場合はEクラス等に使われているエンジンをそのまま載せているので

エンジンルームはかなりタイトな造りになっています

imgp7922

今回はOEMのウォーターポンプを使って出来る限りお安く仕上げていきます

imgp7923

また、ウォーターポンプ程ではありませんでしたが、ベアリング劣化の為

少し音が出ていたテンショナー、アイドラプーリーの定番セットも同時交換を行います

全てのパーツを組み付け後、新たに冷却水を充填して作業完了です

交換後は異音は消え綺麗な音で吹け上がるようになりました

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
お困りの際は是非ご連絡をお待ちしています

小林モータース
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


リサイクルパーツ
持ち込みパーツ
国産車検
輸入車車検
修理
車両販売
コーティング
ボディリペア
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2019’ kobayashi- motors All Rights Reserved.