BMW320i修理

BMW 320i E92 フロントブレーキ引きずり修理 キャリパーオーバーホール

DSC08104

BMW 320i E92 フロントブレーキの引きずり症状にてご入庫です

直前の法定12ヶ月点検で発覚していたトラブルで、今回修理させて頂きます!

DSC08108

症状としてはまずディスクローターが片側だけ酷く摩耗しています

内部までサビも出てしまっていますね!

DSC08115

DSC08116

ブレーキパッドも内側と外側でかなり残量差があり、内側はほとんど無い状態

外側はまだ5~6mmあります

 

特に写真上側、残量が少ない方のブレーキパッドはパッドの座金の部分まで削れて

しまっていますのでかなりギリギリの状態でした・・・!

DSC08105

状態自体は前回の12ヶ月点検で見ていた部分でしたので復習ですね!

お客様にお見積りをご確認頂き修理を進めていきます

 

修理は摩耗してしまっているブレーキパッド・ローターを交換、また引きずりを

起こしているブレーキキャリパーをオーバーホールしていきます

 

まずはブレーキキャリパーを取外し、分解していきます

DSC08121

DSC08124

引きずりの主な原因はサビです!

ブレーキキャリパーを分解し、内部をチェックしていきます

内部まで酷くサビてしまっているとオーバオール不可!

キャリパー交換となってしまいますが・・・今回はセーフ!!

酷い傷、サビ、汚れはありませんでしたのでこのままオーバーホールにて対応します

DSC08147

分解したキャリパーはそのまま専用の超音波洗浄器にてクリーニングを行います

特殊な溶剤を温めながら超音波で洗浄しますのでサビ、汚れ、カーボンなどを

一網打尽です!!

また通常では手が入らないような管や通路といった内部も洗浄できますのでブレーキの

オーバーホールでは重宝します

DSC08154

DSC08156

洗浄後はオーバーホールkitと言って、必要なゴム部品などがセットになっている

ものを使用、キャリパーを組み上げます

 

摩耗してしまっているパッド・ローターは同時に交換し、キャリパーを戻します

最後に抜けてしまうブレーキフルードをエア抜き・充填しれば作業完了!

 

もちろん長い時間をかけて経過を見ませんと最終的に引きずりが解消しているかは

確認できませんが、各部スムーズに動きますので大丈夫かと思います!!

オーバーホールしたことでブレーキタッチも良くなりました!

各部最終仕上げをしてご返車させて頂きました

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

☆キャンペーンの詳しい情報はコチラから!☆

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・社外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース株式会社
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


修理
コバモのお勧めメニュー
点検・診断
車両販売
国産車検
輸入車車検
設備紹介
取扱いブランド
コーティング
ボディリペア
持ち込みパーツ
多彩な修理パーツ
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2021’ kobayashi- motors All Rights Reserved.