HOME > キャンペーン > Mercedes-Benz 純正診断機 XENTRY
 

Mercedes-Benz 純正診断機 XENTRY

800*533

 

Mercedes純正診断機完備!

MBクイック純正テスター診断キャンペーンを実施中!!

 

MercedesBenzオーナー様限定☆

Mercedes純正診断機 SDconnect/DAS・Xentryを使ったテスター診断キャンペーンです

テスター診断機を使って車両に搭載されている十数個のコンピューターのエラーを確認致します

警告灯が点灯しているオーナー様はなぜ点灯しているか原因の解明や

まだ自覚症状が無くオーナー様が気が付いていないトラブルが発見できるかも!?

早期発見・早期修理が安く上げるポイントです

料金は¥3,980-です

上記料金でエラー確認、エラー詳細確認・考察、オーナー様にご確認後エラー消去まで行います

もちろん診断だけでもこのお値段です

 

最新式診断機で現行車 W222、W213、W205まで対応しています

詳しくはお気軽にお問合せ下さい

 

※一部非対応車種もございます

診断後エラー入力が無い場合も診断料金を頂きます

診断ですので、テスターを使って「修理」は出来ません

不具合発覚後、修理を進める場合は確定診断を追加で行います

 

 

 

 

800*150

 

DSC_4125

言わずと知れたメルセデスベンツ純正の診断機 メルセデスの車検・修理には必須のツールです

メルセデスの場合、警告灯点灯等の修理時には勿論ですが、ブレーキパットの交換、

ATF(オートマオイル)の交換、メーター内に表示されるメンテナンスの

お知らせのリセット等一般的な車検や修理であっても診断機の使用が必要不可欠になっています。

 

ただ「よくその手の話は聞くけど、実際どんなものなの?」と疑問をお持ちの方

もいらっしゃると思いますのでここでは少しだけ専用テスターの使用方法をご説明いたします

まずは専用ソフトがインストールされたノートPCを車両の診断ポートに接続して作業開始になります

 

現代の車、特に輸入車は非常に電子制御化が進んでおり、車両を制御する為の

コントロールユニット=コンピューターが多数取り付けられています。

具体的にはエンジンを制御するコンピューター、A/Tを制御するコンピューターに始まり

エアバック、ABS、果ては各ドアの制御やナビ、オーディオまでコンピューター制御されており

メルセデスの場合は1台の車両に対して30~40個のコンピューターが搭載され、

それぞれが通信し合う事で高度な制御が実現しています。

 

 

エラーコードの有無・消去

DSC_4126

診断機の大きな機能としてエラーコードの読み出しが上げられます。上記の様に1台に

数十個あるコンピューターがそれぞれ管轄している範囲で「あれ故障してるかな?」

「センサーから来るはずの値が来ないな」と言った不具合を感知するとエラーコード

としてコンピューターに保存されてます。また保存されたエラーコードによっては

「危険性や運転に支障がある」等と判断され、メーター上のメッセージや警告灯と

言った方法でドライバーに注意を促します。

エキセントリーテスターでは数十個あるコンピューターにそれぞれ通信を行い、

各コンピューターに保存されているエラーコードを読み出す事ができます。

この時安い汎用機等では全てのコンピューターにアクセス出来なかったり、全ての

エラーコードを認識できなかったりという事もあります。例えば故障診断であれば

エラーコードのチェックは診断の一番下「土台」になる部分ですのでこの部分が

不安定なままだと診断結果自体も頼りないものになっていまいます。

その点純正診断機はそういった漏れ無く診断可能です。

 

また修理後にはエラーコードを消去する必要があります。国産車では警告灯が点灯し、

修理を行った場合原因となる

不具合が修理により認識しなくなると車両側が勝手に消去してくれる事もありますが、

輸入車ではほどんどありません。

これは下記の過去故障に繋がる為です。根本的には設計思想の違いなのでしょう。

ですのでメルセデスの場合、修理後は診断機側でエラーを消去しなくては、結果的に治っ

ているのに警告灯が点灯してしまっている。という状況になってしまいます。

 

故障履歴

DSC_4134

故障コードには何がどのようにダメか。という基本的な情報の他、今も継続している故障なのか、

過去に起きていた故障なのかまた故障を認識した回数やその時の走行距離や

運転の状況等もメモリーしています。

ですので「この間までは警告灯が点いていたんだけど・・・」という様なトラブル

でも診断は可能です。

(実際に修理する場合にはあくまで過去のエラーを元にした推測での修理に

なってしまいます)

 

また上記の様に全てがエラーコード入力=警告灯点灯ではないので、ドライバーには

表示しないエラーコードも多数あります。

ですので診断を行う事によって隠された故障や大きなトラブルに至る前の種の様な

不良も知る事ができます。

 

 

実測値の確認

DSC_4142

続いての機能は実測値の確認です。これは各センサーから送られてくるデータを基に

車両が認識しているそれぞれの数値を見る事ができます。

例えばエンジンが何回転で動いているか、冷却水の温度、ミッションの作動状況など

運転に直結する様なデータから

エアコンの動きやドアの開閉といった所までそれぞれのコンピューターで確認する

事ができます。

これらの情報を基に考察する事でエラーコードとの関連性と合わせて原因を絞り込ん

だり、逆にエラーコードとして入力されないような僅かな不具合を見つけ出すことができます。

 

 

アクティブテスト

DSC_4133

続いてはコンピューターをかえして作動するパーツ類を強制的に作動させたり、停止させてたり

するアクティブテスト呼ばれるテスト方法です。

整備士でなければ上の文で「なるほど」となる方は少ないかと思います。簡単な例で言えば

ヘッドライトも該当します。

昔の車であれば小学校の理科の実験と同じように電球とスイッチと電池を配線で結んで、

スイッチをONにすれば電気が流れて点灯する。という様な簡単なシステムですが、メルセデスの様

な車であればドライバーがライトのスイッチを操作した事を該当のコンピューターが認識し、

そのコンピューターから「ライトをONにしなさい」とライトに命令を出し、ライトが実際に

点灯するという様なシステムになっています。ですので診断機側から強制的にライトをONに

する信号を出す事で車のライトスイッチ操作なしにライトを点灯する事ができます。

これがアクティブテストです。このテストを上手く使う事で上記のライトであれば「ライトが

点かない」というトラブルに対して強制点灯を行う事でスイッチが不良でそもそもライトを

ONにする信号が出ずライトが不点灯なのか、ライトをONにする信号は出ているがライトが

不良で不点灯なのかを大きな枠で原因を切り分ける事が可能です。

このテストも電子部品、電気駆動パーツが多いメルセデスでは非常に有効な診断方法です。

 

 

各部整備時操作

DSC_2122

上記までの内容であれば、完璧さはともかく汎用機でも実装されているものが多いですがこの辺りから

「メルセデス純正」が本領発揮されてきます。

こちらは点検時や作業時に何かしらの強制的な操作が必要な場合に診断機上から該当する

操作を行えるプログラムです。

例えばW211(Eクラス)やW219(CLSクラス)に搭載されていたSBCと呼ばれる特殊なブレーキ

システムの場合、車検時には必ず交換をお勧めする

ブレーキオイルの交換やメンテナンスの代表格ブレーキパットの交換もそのままでは作業出来ません。

診断機上から交換に関するプログラムを作動させ、診断機上と実際のメカ的な作業と並列して

進めていく必要があります。

同様に年式の新しいモデル(W205?)であれば従来の足踏みで作動するものでなく、

ボタン操作で作動・解除ができる電子制御パーキングブレーキが搭載されています。

こちらも同じように診断機からの操作無くしては後ろ側のブレーキパットが交換出来なくなっ

ています。

またメルセデスオーナーの方なら必ず見たことがあるメーター上の「メンテナンス 〇〇日経過」

というようなお知らせメッセージ、こちらはよく勘違いされているお客様も多いですが、

上記の様な故障を感知したトラブルコードではないので、エラーの消去ではなく、

診断機上の操作によって学習させてやる必要があります。

 

 

点検ガイド

DSC_4144

このテスト方法では上記で発見したエラーコード等を基にどのパーツが不良か?という

診断プロセスを一連の流れにして診断する事ができます。写真の様にテストに当たっての前提条件、診断機上で読み取れる

実測値、実際のパーツを物理的に単体点検する為の情報、またその基準値等がステップごとに表示されます。

これによりエラーコードから原因究明に向けて、刑事ドラマに例えれば状況証拠を集めて、証言を集めて、物的証拠を掴んで

犯人断定まで持っていくという流れ、通常であれば非常に長い時間を要する点検すが、非常に短時間で効率よく行う事ができます。

 

 

キャリブレーション・適合

DSC_4147

最後にご紹介するのがキャリブレーションや適合作業と呼ばれる項目です。上記からでもわかる通り、

車両の制御は非常に高度化されています。

その為パーツ交換の際も「ハイ 交換してOK!」と簡単にいかない作業も多数存在します。

例えば新たなパーツが取付けられた。とコンピューターに認識させたり、コンピューターが持っている

学習値(各部の劣化具合や運転の仕方等で制御の具合を変化させていくもの)をリセットする必要があります。

こちらもメルセデス修理には必須の項目になります。

 

純正修理マニュアル

DSC_4154

診断ソフトとは別のソフトですが、修理マニュアルです。大昔は電話帳の様な分厚紙の本製でしたが、

現在は当たり前のように電子マニュアルです。

エンジン各部の基準値から、分解の仕方、締め付けトルクに内装の隠しビスの場所まで点検から修理まで

あらゆる所で必要になる情報がここに集約されています。

特にボルト類の締め付け順序、トルク(締め付ける力)はないがしろにしている工場も多いのが現状ですが、

これを守らない為にもオイル漏れ修理後に再度同じ場所から漏れてくる・・・何てケースも多々あります。

確実な作業を行う為には必須のソフトです。

長々と使用方法について説明してしまいました。専門用語も入ってしまっているので少々分かりにくい

箇所もあるかと思いますが、いかに今のメルセデスの車検・修理と切っても切れない関係にあるかは

分かっていただけたかと思います。

ただ、こんなに高機能な診断機であってもあくまで道具は道具。メカニックをサポートするツールにすぎません。

よくお客様には「テスターを繋げれば故障全部分かるんでしょ?」とご質問頂きますが、

診断機の範疇はあくまで電子制御部分のみ。

物理的な故障、例えばオイル漏れ、冷却水漏れ、極端に言ってしまえばタイヤの残溝でさえも人の目

で見て初めて確認することが出来ます。

小林モータースでは経験豊富なメカニックが診断機も手も耳も使い、そして確かなスキルで

お客様のメルセデスを修理いたします。

メルセデス車検・修理でお困りの際はお気軽にご相談下さい。


修理
車両販売
国産車検
輸入車車検
設備紹介
取扱いブランド
コーティング
ボディリペア
持ち込みパーツ
リサイクルパーツ
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2019’ kobayashi- motors All Rights Reserved.